天才バカボン漫画家の赤塚不二夫死亡

c0144828_5563334.jpg



 「天才バカボン」「おそ松くん」などのギャグ漫画で絶大な人気を集めた漫画家の赤塚不二夫(あかつか・ふじお、本名藤雄=ふじお)さんが2日午後4時55分、肺炎のため東京都文京区の順天堂医院で死去した。72歳。旧満州(現中国東北部)生まれ。自宅は東京都新宿区中落合1ノ3ノ15。葬儀・告別式の日取りなどは未定。喪主は長女りえ子(りえこ)さん。

2002年に脳内出血で手術して以降、闘病生活を続けていた。

終戦後間もなく旧満州から引き揚げ、奈良県、新潟県で少年時代を過ごした。中学卒業後、漫画家を志し手塚治虫さんを慕って上京。東京都豊島区のアパート「トキワ荘」で無名時代の漫画家、石ノ森章太郎さん、藤子不二雄(A)さんらと暮らし、共に腕を磨いた。

56年少女漫画「嵐をこえて」でデビュー。62年「おそ松くん」が大ヒットし、以後「天才バカボン」「もーれつア太郎」などの人気作を連発。イヤミ、バカボンのパパ、ニャロメなどのキャラクターを生み出す一方、「シェーッ」「これでいいのだ」などの流行語を生みだした。「ひみつのアッコちゃん」など少女漫画でも活躍。主要作品はテレビアニメ化された。自由奔放でいてシャイな人柄は漫画のキャラクター同様、多くの人から愛された。

文芸春秋漫画賞、日本漫画家協会文部大臣賞などを受賞。98年には紫綬褒章を受章し、2003年東京都青梅市に「青梅赤塚不二夫会館」がオープンした。

c0144828_5572780.gif


98年に食道がんの手術をしたが、その後各地で作品展を開催。視覚障害児向けの絵本も制作した。2002年、検査入院中に脳内出血を起こし、周囲への反応がほとんどない状態が続いた。妻真知子さんの付き切りの看護で、呼び掛けると顔を向けようとするまでに回復したものの、06年には真知子さんがくも膜下出血のため急死した。

[PR]

by a19750601 | 2008-08-03 05:58