人気ブログランキング |

100キロ超級、石井が金メダル

柔道日本勢の“大トリ”を飾った石井
c0144828_2319388.jpg




柔道競技最後となる男子100キロ超級で、石井慧(さとし)(国士大)が金メダルで大トリを飾った。

アテネの鈴木桂治に続く日本人連覇。決勝では相手のタングリエフ(ウズベキスタン)の襟をしっかりとつかみ、攻め手を封じてポイントを重ねる。リードしたまま5分間を戦い抜くと、天を仰ぎ、顔をくしゃくしゃにして泣いた。

石井にとっては、様々な選手の思いを背負った決勝だった。今大会で男子は、66キロ級の内柴正人(旭化成)の金メダル一つだけ。前日には日本選手団主将の鈴木も敗れた。さらに、激戦の選考の末に北京の地を踏めなかった選手もいる。優勝でそのすべてが吹っ切れた。

表彰式では、名前を呼ばれるのを待ち切れずに表彰台に足をかけた石井。メダルを手に場内を一周する姿は、すっかりはしゃいでいた

by a19750601 | 2008-08-15 23:20 |