人気ブログランキング |

酒井法子の6日間にわたる逃亡のルート と過去のようす

箱根や立川も立ち寄っていた
c0144828_2133398.jpg
酒井法子の6日間にわたる逃亡のルートが明らかになってきた。

都内や山梨に加え、箱根や立川にも立ち寄っていたことが判明。

これまでは育ての親である継母と行動を共にしていたとされていたが、もう1人別の知人女性が酒井容疑者の逃避行に同行していたというのだ。




酒井法子は今月3日から出頭した8日夜までの逃亡経路について 「神奈川県の箱根や東京都の立川にも立ち寄ったり、宿泊していた」 と新たに供述。

判明した立ち寄り先は、これまでの都内の港、新宿、千代田、中央各区と山梨・身延町に加え、東京・立川市と神奈川・箱根町が加わった
c0144828_21434717.jpg

ただ、山梨については 「どの市町村に立ち寄ったのかは覚えていない」 とし、さらに、記憶があいまいで、特定できない立ち寄り場所もあるという。

この逃避行について、「育ての親で、父の再婚相手である母親ともう一人の知人女性と一緒だった」 と供述。車だけでなく、電車も使って移動していたと話していることが分かった。


箱根の温泉でクスリ抜きの可能性
c0144828_1072224.jpg継母は 酒井法子が姿を消した3日以降、所属事務所のサンミュージックが酒井法子の身内として何度か連絡を試みたが、連絡は取れずじまい今も所在はつかめていないという。
(画像はのりピー、、ではないよ。。わかってるって、、、 (^_^.))

また、新たに同行が判明した知人女性の素性も明らかになっていない。

6日間の逃亡中、1回だけ山梨・身延町で携帯電話の電波がキャッチされたほかは、長男を預けた知人女性へ公衆電話から電話をかけただけ。自家用車も都内に置いたままで、早くから同行者の存在が疑われていた。

関係者への連絡や移動などで女性2人の綿密なサポートを受けていた可能性が強まったことで、 当初は姿をくらませたことを 「気が動転していた」 としていた酒井法子の供述の矛盾点がさらに色濃くなった。

「立ち寄り先の記憶があいまいというが、自分で車を運転していれば目的地は覚えているはず。第三者に連れられて移動していたことをうかがわせる」 (捜査関係者)

c0144828_10191175.jpg
酒井法子の愛車のポルシェは自宅マンションに置かれているので、逃亡は電車か知人の車の可能性も考えられる。


酒井法子が捜査を逃れるために逃走していたとみて、立ち寄り先の順番や日時など足取りの裏付け捜査を進めている。

逃亡初日の3日、東京駅近くのコンビニで6000円分のミネラルウオーターやカップ麺などを購入していたことが分かっている。そのため、「覚醒剤使用の痕跡を消し去るため、体の新陳代謝を良くしようとミネラルウオーターを飲み、箱根で発汗作用のある温泉に立ち寄った可能性もある」とみる捜査関係者も。


つづきは 夫婦での六本木の店に出没したときの日時と様子 (画像)。

by a19750601 | 2009-08-12 22:34 |

伊良部秀輝投手高知FD入団記者会見

c0144828_83694.jpg


伊良部秀輝投手、背番号14で高知FD入団 


8月10日、四国・九州アイランドリーグ・高知ファイティングドッグスと


伊良部秀輝投手(40歳)との契約交渉が最終合意に達し、


東部球場くろしおアリーナにおいて入団会見が行われた。


会見には武政重和球団社長、藤川順一ゼネラルマネージャー、


定岡智秋監督の3名が共に出席した。


グレーのスーツに薄いパープルのネクタイで会見場に現れた伊良部は、


「やるからには日本のトップリーグでやりたい。


そのために軸足をアメリカに置くのか日本に置くのか。


大分悩んだが、こちらに軸足を置いてやりたいという心境になった。


自分のなかでシュミレーションしているのは四国・九州ILで


先発として投げさせてもらい、その間故障がなければ


選抜チームでのNPBとの交流戦(フェニックス・リーグ)でも


投げさせてもらいたいと考えている」


と、あくまでNPB復帰を目指すことが最大の目標であることした。


背番号は「14」。契約期間は他の選手と同じく単年契約であり、


今シーズン終了までの在籍となる。

by a19750601 | 2009-08-12 20:36

酒井法子 の変貌

プロモビデオで見る酒井法子のげきやせ

1998年 横顔 (火曜サスペンステーマ) 



2007年 最新シングル 世界中の誰よりも


2008年 トヨタ CM

 




2008年 ノーシン CM




by a19750601 | 2009-08-12 12:20 |

酒井法子 「箱根方面にも立ち寄ったり宿泊したりした」

酒井法子 「箱根方面にも立ち寄ったり宿泊したりした」 と新供述
c0144828_2494014.jpg

酒井法子の夫・高相祐一容疑者が、「数年前から妻と一緒に吸っていた」と供述していることがわかった。

「2008年の夏以降」という酒井容疑者とは食い違っている。


姿を消していた6日間に関し、酒井容疑者は 「東京の港区や立川方面、神奈川県の箱根方面にも立ち寄ったり、宿泊したりしていた」 と新たな供述をしている。

新宿や銀座、山梨のほか、立川や箱根にも立ち寄っていたという酒井容疑者は、
亡くなった父親の再婚相手と一時、一緒に行動し、移動には一部、電車が使われたという。

酒井法子は大ウソツキ 反省は見せかけ

そして、覚せい剤を使い始めた時期については、
酒井容疑者と高相容疑者の供述に食い違いがみられる。

酒井容疑者は 「去年(2008年)の夏以降、数回吸いました。主人に勧められて、あぶったり、パイプを使って吸っていました」 と供述している。

一方、夫の高相容疑者は 「数年前から妻と一緒に吸っていた」 と供述している。

「去年の夏」 と 「数年前」、食い違う夫婦の供述。

酒井容疑者は、数年前からクラブで髪を振り乱し踊る姿が目撃されていた。
2008.3.9 ↓ の2人のショット
c0144828_2344460.jpg

クラブで目撃した人は 「すごいハイテンションになっていて、あの人ジャンキー(薬物中毒者)だよって話聞いて」 と話した。

さらに、近所の住民は 「1人ですよ。(時間帯は?) 明け方とかですよ、午前1時、午前2時ぐらいに。酔っぱらっていた」 と話した。

覚せい剤に手を染めたその行為は、ある映画に命をかけた監督の思いをも裏切る結果になった。

酒井容疑者が主演し、現在配信が停止されている裁判員裁判のPR映画「審理」。

監督の原田昌樹さんは映画完成直後の2008年2月、がんにより54歳で他界、この作品が遺作となった。

「審理」の監督・故原田昌樹さんの母親は 「夢を追うような仕事だから映画作りは。最後の命をしぼったような広報映画ですけれども、そのまま終わりになるっていうのは残念だなって思いがしますね」 と話した。

一方、覚せい剤所持について、薬物事件にくわしい小森 榮弁護士は「標準的な使用量の4分の1ぐらいなので、やっぱり量としては少ないと思います。不起訴の方向にもはたらく可能性は高い」と話した。

自宅から押収された覚せい剤が0.008グラムと微量だったこと、すでに社会的制裁を受けていることや、出頭してきたことなどを加味すると、起訴猶予になる可能性もあるという。

一方、尿検査で陽性反応が出た夫の高相容疑者は、覚せい剤使用の疑いでも立件される見通し。
警視庁は、酒井容疑者が高相容疑者と長期間にわたり覚せい剤を常習していたとみて、追及している。

★ 続きもどうぞ

by a19750601 | 2009-08-12 01:15 |