人気ブログランキング |

カテゴリ:哀( 116 )

漫画家 青山景 自殺 よいこの黙示録 連載中

c0144828_729011.jpg


漫画家の青山景(けい)が

9日夜、東京都狛江市の自宅マンションで

首をつった状態で発見されていた。

青遺体に目立った外傷はなく、

施錠もされていたことから、自殺とみられる。

青山は1人暮らし。

出版社社員から 「青山さんと連絡が取れない」 と110番があり、

署員が社員とともに青山さん宅を訪れたところ、

浴室内で首をつっていたという。


短文投稿サイト「ツイッター」 には6日、

青山さんの名前で自殺をほのめかすような

書き込みがあった。


c0144828_7275523.jpg


http://twitter.com/#!/aoyama_kei

 ↑ 050.gif6日にTwitterで

最後のツイートを行なっている。それには「『思い残す』ことはあまりない」と

死をほのめかす書き込みもあった。

Twitterでのツイートは6日が最後となっており、

最後のツイートは

「まあ、やり残したことや、やりたかった夢などはいっぱい残ってはいるけど、

『思い残すこと』はあまりないのだ。



僕は、僕が生きた32年に、結構満足しているのだ」となっている。

また、その直前にも「私は私に、

真綿で首を絞めるようなやり方で、殺されつつあるのだけど、

問いたいのは、殺した後どうするつもりなのか、ということ。。」、

「作家生命というものがあるとして、それを殺すことで、

一体<私>は何を得るつもりなのだろうか」などと死を意識したツイートがされている。

前日の5日まではリプライもあったりと普通の対応が見られており、

6日に大きな心境の変化があった可能性もある。



講談社によると、青山さんは隔週刊漫画誌「イブニング」で、

宗教をテーマにした「よいこの黙示録」を連載中だった。


c0144828_7265410.jpg



青山 景(あおやま けい、

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒後、2003年に『茶番劇』が第1回イキマンを受賞し、漫画家デビュー。

翌2004年、舞城王太郎の著作『ピコーン!』を『月刊IKKI』(小学館)で漫画化。2005年、『SWEEET』を『月刊IKKI』にて連載。

以降、『ストロボライト』を『CONTINUE』(太田出版)に、『チャイナガール』を『ビッグコミックスペリオール』(小学館)に連載。2010年より『イブニング』(講談社)にて宗教を題材とした『よいこの黙示録』を連載していた。思春期の少年少女を描いた作品が多いのが特徴であった。

by a19750601 | 2011-10-13 07:35 |

無敗の3冠馬 シンボリルドルフ 死す

無敗の3冠馬 シンボリルドルフ 死す


c0144828_762592.jpg


中央競馬史上初めて無敗の3冠馬となり、

G1・7勝を挙げたシンボリルドルフが4日未明、

老衰のため千葉県成田市のシンボリ牧場で死んだ。30歳だった。

岡部幸雄騎手(引退)とのコンビで鉄壁の強さを誇り、

16戦13勝をマーク。種牡馬としてもトウカイテイオーを輩出し、

父子2代での無敗2冠を成し遂げた。

04年に種牡馬を引退した後は北海道、

千葉の同牧場で余生を過ごしていた。


c0144828_717516.jpg


大往生だった。数日前から体調を崩していたシンボリルドルフは3日午後8時頃から、別れの時を知ったかのように、全身に震えを走らせるようになった。獣医師が栄養剤を投与したが、4日午前3時、眠るように息を引き取った。

美浦トレセンには衝撃が走った。当時、野平祐二厩舎の調教助手として同馬を鍛えた藤沢和雄師は「えっ、そうなのか」と絶句。「調教、競馬のスタイルとも理想の馬だった。

調教師となってからもルドルフを理想としてきた」と無念の表情を浮かべた。

デビューから引退まで全て手綱を取った岡部幸雄元騎手も「思い出がありすぎて一言で表すのは難しいですが、自分の一部とも言える馬でした。お疲れさまでしたという気持ちとともに、ゆっくり休んでくださいと言いたいです」と別れを惜しんだ。

16戦13勝、無敗の3冠を含むG1・7勝。その完璧な成績は「皇帝」の称号にふさわしい。83年7月23日、新潟新馬戦でデビュー。「乗る予定で調教をつけていた。

乗れなかったのは仕方がない」と振り返る柴田政人(現調教師)が北海道遠征中だったため代わって手綱を取ったのが岡部氏だった。

岡部氏にはビゼンニシキという強力なお手馬もいたが、クラシックを前にルドルフとのコンビを選択。期待に応えて馬も無敗街道を突き進んだ。

皐月賞ではビゼンニシキを退けて1冠。この時、後の3冠を予感した岡部氏は口取りで1本指を挙げている。この年ダービー、菊花賞も制し、中央競馬史上初、無敗(8戦8勝)でのクラシック3冠を達成した。

1世代上の3冠馬ミスターシービーとの対決は話題を集めたが、3戦して全て先着。シービーを管理した松山康久師は「ルドルフと手合わせできたことは大きな勲章」と振り返った。

85年の有馬記念を連覇しG1を7勝に積み上げた。翌86年は渡米し、サンルイレイSに出走したがレース中に故障。6着に敗れ現役生活の幕を閉じた。


種牡馬入り後は初年度からトウカイテイオーを出し、父子2代無敗2冠、ジャパンC2代制覇。04年に種牡馬を引退していた。

96年にシンザン、00年ミスターシービー…そしてルドルフ。

昭和の競馬シーンを飾った3冠馬はもういなくなった。くしくも今年、2冠馬オルフェーヴルがディープインパクト以来6年ぶりの偉業に挑むが、新たな名馬伝説は平成も、そしてこれからも続いていく。

c0144828_78171.jpg


シンボリルドルフ 父パーソロン、母スイートルナ(母の父スピードシンボリ)。81年3月13日に北海道門別町(現日高町)のシンボリ牧場で生まれた。毛色は鹿毛。美浦・野平祐二厩舎に在籍。獲得賞金6億8482万4200円。84、85年の2年連続年度代表馬に選ばれ、88年には顕彰馬に選出された。馬名はシンボリの冠名+神聖ローマ帝国の「皇帝」ルドルフ1世に由来する。

一面

by a19750601 | 2011-10-05 06:27 |

山内賢 死去 8年間がんと闘う

c0144828_1931520.jpg


日活の青春映画で活躍した俳優の山内賢さんが、

24日午前4時53分、肺炎のため都内の病院で死去した。

67歳だった。


青春映画のスターとして日活の黄金期を支え、グルメリポーターとしても活躍。

1979年からスタートしたテレビドラマ「あばれはっちゃく」シリーズでは、

主人公の担任の先生役として人気を集めた山内さんが、がんとの闘病の末、静かに逝った。

最初に異変が見付かったのは2003年。

左肺がんと診断され、摘出手術を受けた。

その後、06年に右肺への転移が発見され、再度摘出。

以降、転移が見付かるたびに、抗がん剤治療を受けていた。

今年3月には脳への転移が見付かり、

8月に放射線治療のため3週間入院。

妻の敦子さん(56)によると痛みや副作用はなく、

抗がん剤で髪が抜けることだけを嘆いていたという。


c0144828_1933025.jpg


今月13日に肺炎で39度の熱が出て体調が急変。緊急入院した。

何度も病魔に打ち勝ってきた山内さんだったが、ついに力尽き、

家族と言葉を交わしたのは22日の「みんなに感謝!」が最後。

敦子さんは「最後の10日間は、初めてと言えるくらい、

家族でホンワカして過ごすことができました。

ただ『みんなに感謝!』の言葉は、私たちだけでなく、

芸能界の仲間も含めた皆さんに向けたものだったと思います」と言い、目頭を押さえた。

この日の通夜では、バンダナ姿でほほ笑む山内さんの遺影が参列者の涙を誘った。出演していたNHK・BSの「中高年のための登山学」で、02年に富山・剱岳に登った際に撮影された、本人お気に入りの一枚。棺(ひつぎ)の上には山内さんの母の写真、よく着用していた濃紺の上着、零戦好きだった山内さんのため、次男の宏之さん(24)が作った模型が置かれた。

戒名は常慶院高岳賢尚居士(じょうけいいんこうがくけんしょうこじ)。

葬儀・告別式は26日午前10時半から同所で営まれる。

by a19750601 | 2011-09-25 12:55 |

歌手 日吉ミミ 死す


c0144828_935639.jpg


「男と女のお話」などのヒット曲で知られる


歌手の日吉ミミ(ひよし・みみ、本名・黒岩和子=くろいわ・かずこ)さんが


10日、すい臓がんで死去した。64歳だった。


告別式は近親者で済ませた。喪主は夫、黒岩慶三氏。


1970年に「男と女のお話」「男と女の数え唄」がヒット。


NHK紅白歌合戦に出場した。


ほかの代表曲に「世迷い言」「北風ぴゅうぴゅう」など。


2009年にすい臓がんの手術を受けた。



70年のヒット曲「男と女のお話」「男と女の数え唄」などのヒット曲で知られる歌手の日吉ミミ(ひよし・みみ、本名黒岩和子=くろいわ・かずこ)さんが10日午前5時30分、膵臓(すいぞう)がんのため都内の病院で死去した。64歳。さいたま市出身。
葬儀は近親者で済ませた。09年のがん手術後、抗がん剤治療を続けていた。来年のデビュー45周年に向けた活動に強い意欲を示していたが、かなわなかった。


日吉さんは09年にがんが見つかり入院。日吉ミミとしての再デビュー40周年記念シングル「言(こと)の葉の夢」が完成し、プロモーションに本腰を入れた矢先だった。

8時間の大手術を乗り越え、同年後半にはステージ復帰。
昨年5月には、病と闘いながら命の限り歌い続ける決意を込めた術後初のシングル「いのちのしずく」を発表。「歌を通じて生き抜くことへの思いを伝え続けたい」。

抗がん剤治療を続けながら、精力的にテレビ、ラジオなどで歌い続けた。しかし、今年6月に体調を崩し入院した。


病床では来年に控えたデビュー45周年を前に、記念曲のアイデアについて、夫で所属事務所社長の黒岩慶三さん(64)やレコード会社関係者らと直前まで活発に意見を交わしていた。

 「私は強く生きるのよ」と活動再開に向けて強い意欲を示していたが、10日朝、黒岩さんや親族にみとられながら息を引き取った。

最後の仕事は今年5月のNHKラジオ第1「歌の散歩道」への出演。東日本大震災で非常に心を痛めており、「苦難を乗り越えてほしい」とのメッセージを込めて「いのちのしずく」を流した。


最後のシングル

2010年5月26日発売 いのちのしずく

c0144828_9395511.jpg

by a19750601 | 2011-08-11 00:17 |

伊良部 自宅で首つり自殺

c0144828_13553358.jpg


ロッテ、阪神や米大リーグのヤンキースなどで活躍した伊良部秀輝(42)の米ロサンゼルスの自宅で、伊良部と思われる日本人男性の変死体が発見されたことが28日、分かった。

伊良部と思われる遺体が、ロサンゼルス近郊の自宅で発見された。
親しくしている知人によると、第一発見者は伊良部さんが現在、指導している現地のアマチュア野球チームの関係者3人だったという。

27日に大勢でバーベキューを楽しむ予定だったが、会場に来なかったため、自宅に向かった。すると、カギが1か所あいていたので入ったところ、すでに死亡しているのを確認。現地の警察に通報した。遺体は現地の警察の遺体検視所に安置されており、警察が身元の確認を急いでいる。


プロ野球のロッテ、阪神や、米大リーグのヤンキースなどで

投手として活躍した伊良部秀輝が27日、

自宅のある米国・ロサンゼルス近郊で首吊り自殺した。

現地時間の27日朝に発見された。


c0144828_7273922.jpg


ロサンゼルスには伊良部が所属している草野球チームがあり、

当日も野球をする予定だったところに、姿を現さなかったという。

不審に思ったチームメートらが自宅に足を運ぶと、

伊良部とみられる男性が首をつっているところを、発見した。

遺体は現地の警察署に安置されているが、

家族しか本人の確認が取れない状況であるために、

まだ正式に身元は判明していない。

日本国内に在住している伊良部の両親は、

この一報を受けて、現地に向かうとの情報もある。


伊良部は、尽誠学園から87年度ドラフト1位でロッテに入団。

93年には当時の日本最速となる158キロを計測した。

その後、96年オフに紆余(うよ)曲折を経て、

ニューヨーク・ヤンキースに入団した。98年には世界一も経験した。

ヤンキースでは3年間プレーし、

その後はエクスポズ、レンジャーズと渡り歩き03年に阪神に入団。

星野監督のもと、先発ローテの一角を担い、

13勝を挙げる活躍で阪神の18年ぶりの優勝に大きく貢献した。

ただ、04年はわずか3試合の登板に終わり、

その年のオフに戦力外通告を受けて05年3月に引退した。

引退後はロサンゼルスでうどん屋を開業したがすでに閉店。

また、07年に大阪市のガールズバーで

店長を殴ったとして暴行容疑で現行犯逮捕された。

c0144828_7292127.jpg


近年は09年にアメリカの独立リーグで現役復帰すると、

同年8月に四国・九州アイランドリーグの

高知ファイティングドッグスに入団050.gif

ただ、右手首けんしょう炎の影響もあり、

昨年1月に2度目の現役引退を発表。

同年5月にはロサンゼルスで

酒気帯び運転で逮捕されていたことが判明した。

今月に入って、雑誌のインタビューで

日本で暮らしたいという願望も明かしていただけに、

死因も含めて謎は残ったままだ。


自宅に遺言状 LAの「東本願寺別院」に納骨050.gif
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自宅に遺言状 LAの「東本願寺別院」に納骨

by a19750601 | 2011-07-29 05:08 |

西尾由佳理アナ 日テレ 8月末に退社

「24時間テレビ」が最後の仕事

c0144828_1813252.jpg日本テレビの西尾由佳理アナウンサー(33)が

8月末日に退社することが27日、

同局から発表された。

8月20〜21日に放送する

「24時間テレビ34」での

総合司会が同局での最後の仕事となる。


西尾アナは01年に日本テレビに入社。

「スポーツMAX」の

アシスタントなどを務めた後、

05年4月から

「ズームイン!!SUPER」のメーン司会、

同年8月から毎年、

「24時間テレビ 『愛は地球を救う』」の

総合司会を務めている。

西尾アナは 「入社して10年という区切りを迎えたのを機に今、

新たな一歩を踏み出してみたいという気持ちでおります」と

新たな可能性を求めて退社する意向だ。



◇コメント全文

 この度、日本テレビを退社することに致しました。

 これまでに数々の仕事の場を与えて頂き、日本テレビアナウンサーとして、

 これ以上ない幸せな日々を過ごさせて頂きました。

 入社してから丸10年という区切りを迎えたのを機に

 今、新たな一歩を踏み出してみたいという気持ちでおります。

 温かい目で見守ってくださった視聴者の皆様、共演者の皆様、

 多くのことを教えてくれたスタッフ、アナウンス部の皆様、

 そして何よりもこのようなわがままを許してくれた

 日本テレビへの感謝の思いは言葉では言い尽くせません。

 今後は、ここで学ばせて頂いたことを糧に

 これから自分に何ができるのか、

 新しい可能性を模索していきたいと思っております。

 日本テレビアナウンサーとしては「24時間テレビ」が最後の仕事となります。

 日本が3月11日の震災を経験した今年は、

 これまで以上に意味のある「24時間テレビ」になるものと考えております。

 皆様が希望を持てるような番組になるよう、今私にできる全てを注ぎ取り組むつもりです。
 

西尾由佳理


生放送で流れたこの映像で悩んでいたらしい。

c0144828_18181562.jpg

by a19750601 | 2011-06-27 15:34 |

★声優 川上とも子 急死

c0144828_2144798.jpg


人気アニメ「ケロロ軍曹」の日向冬樹役などで知られる声優、

川上とも子さん(41)が9日、死亡したことがわかった。

所属事務所がホームページを通じて発表した。

所属事務所は「誠に残念ながら薬石効なく急逝いたしました」と説明。

川上さんは卵巣がんのため病気療養していたという。


詳しい死因については

「ホームページに掲載した内容以上のことは明かせない」としている。

 ↓ ↓
弊社所属俳優、川上とも子儀 平成23年6月9日(木)16時45分
かねてより病気療養中のところ、誠に残念ながら薬石効なく急逝いたしました。
生前中は皆様に多大な応援を頂き心から感謝申し上げます。


c0144828_2165534.jpgこれまで応援してくれたファンには、

「生前中は皆様に多大な応援を頂き心から感謝申し上げます。ありがとうございました」

と感謝の意を示した。

川上さんは、94年にアニメ

「メタルファイター MIKU」でデビュー。

「少女革命ウテナ」の天上ウテナをはじめ、

「ヒカルの碁」の進藤ヒカル、「史上最強の弟子ケンイチ」

の風林寺美羽などの作品で主役やヒロイン役を演じた。



c0144828_2110403.jpg川上 とも子(かわかみ ともこ、1970年4月25日)
桐朋学園大学短期大学部芸術学科演劇専攻、専攻科演劇専攻を卒業。
ぷろだくしょんバオバブ所属。東京都出身。
血液型はO型。本名:川上 倫子(読みは同じ)。
愛称はとも蔵。

代表作に『少女革命ウテナ』(天上ウテナ)、
『ヒカルの碁』(進藤ヒカル)、『ケロロ軍曹』(日向冬樹)、
『遙かなる時空の中で』(元宮あかね)
『史上最強の弟子ケンイチ』(風林寺美羽)
などがある。

享年41歳

by a19750601 | 2011-06-10 12:32 |

俳優 長門裕之さん死去


c0144828_21373627.jpg
 「太陽の季節」「にあんちゃん」などの映画や多くのテレビドラマで活躍した俳優の長門裕之(ながと・ひろゆき、本名加藤晃夫=かとう・あきお)さんが2011年5月21日午後5時20分、肺炎と動脈硬化などの合併症のため東京都文京区内の病院で死去した。

77歳。京都市出身。芸能一家に生まれ、子役からの長い俳優生活だった。おしどり夫婦として知られた妻で女優の南田洋子さんは09年10月に他界。悲しみを抱えながら仕事に意欲を見せていた。葬儀・告別式の日取りは未定。

長門さんが最愛の妻のもとに旅立った。弟で俳優の津川雅彦(71)が午後11時過ぎから世田谷区内の兄の自宅前で会見。最期の様子を涙ながらに語った。

長門さんは昨年8月に心臓疾患で倒れ、大手術を受けた。経過は順調だったが、ことし2月に今度は脳出血でダウン。自宅で療養を続けたが、舞台復帰を夢見て4月から板橋区のリハビリ病院に入院していた。津川によると、最後の会話は3日前。「“新作映画を撮る。兄貴も出てくれよ”というと“よし”と前向きに意欲を見せていた」と明かした。

20日まで元気だったが、この日昼すぎに容体が急変。主治医のいる文京区の病院に移送したが、既に意識がなかったという。医師は心臓マッサージを続ける一方で、午後3時すぎに津川に連絡。「自分が行くまでなんとか、もたせてほしい」の願いもむなしく息を引き取った。臨終は俳優修業中の弟子がみとったという。

遺体は午後9時15分に世田谷区の自宅に無言の帰宅。津川と妻で女優の朝丘雪路(75)は30分前に駆けつけ、兄の亡きがらを迎えた。

芸能界でも屈指のおしどり夫婦として知られた南田さんとは61年3月に結婚。56年に公開された映画「太陽の季節」で共演したのがきっかけだった。フジテレビの音楽番組「ミュージックフェア」の司会を2人で65年から約16年間務めた。

愛妻家の顔を持つ一方で、浮名も多く流した。85年11月に出版した「洋子へ」では、奔放な女性関係を実名で赤裸々に暴露し世間を騒がせた。この騒動で、CMの降板などを余儀なくされ、芸能活動には大きなダメージとなった。

05年に南田さんが認知症を発症。08年秋にテレビ番組で公表し、闘病の様子と長門さんの献身的な介護ぶりが話題を呼んだ。暴露本「洋子へ」の罪滅ぼしの意味もあったと話していた。

しかし、介護のかいもなく、南田さんは09年10月21日にくも膜下出血で死去。同30日に営まれた告別式で長門さんは「凄い喪失感と失恋を久々に味わわせていただいた」「いとしい、いとしい、いとしい、いとしい洋子」とあいさつし、参列者の涙を誘った。三回忌を前に、長門さんは“いとしい妻”のもとに向かった。



◆長門 裕之(ながと・ひろゆき、本名加藤晃夫=かとう・あきお)。1934年(昭9)1月10日、京都市生まれ。61年に結婚した南田洋子さんとの事務所「人間プロダクション」を74年に設立。59年に映画「にあんちゃん」でブルーリボン賞主演男優賞、63年に「古都」で毎日映画コンクール男優助演賞。

by a19750601 | 2011-05-21 23:40 |

大桃美代子が会見 ツイッターは「感情抑えられなかった」

c0144828_18432439.jpg


騒動の発端は すでに削除された 大桃美代子本人のツイッター

c0144828_18404652.jpg


c0144828_575313.jpg元夫のAPF通信社・山路徹代表(49)とタレント・麻木久仁子(48)との不倫を自身のツイッターで暴露したタレントの大桃美代子(45)が24日、都内で会見を開いた。騒動以降、2回ほどツイッターを更新しては削除していた大桃だが、この日は自らの口で「感情を抑えることができず、多くの方にご迷惑をおかけした。自分の至らなさがあった」と謝罪。交際を知り「ショックだった」と騒動について釈明した。

大桃が19日深夜に自身のツイッターで「ショックだったのは、元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかったこと。先輩として尊敬していたのに、ショック」とつぶやいたことから、今回の騒動に発展。

大桃側に動きが見られないまま、麻木は22日に会見を開き、お互いに離婚成立前から交際していた事実を認めたものの、既に山路氏の夫婦関係が破綻していたと主張して不倫関係を否定。その山路氏とも「私の精神的、体調的、金銭面的に疲れてしまうことがあり」約1ヶ月前に破局していたことを明かした。


この日の 不倫の麻木の記者会見は


c0144828_18495582.jpg



タレントの麻木久仁子(48)が22日、東京・赤坂のTBSで緊急会見し、タレント、大桃美代子(45)の元夫
c0144828_18533525.jpgでAPF通信社代表の山路徹氏(49)と2006年から交際していたことを認めた。大桃がツイッターで暴露した「不倫」関係は事実だった。しかも、交際開始時は麻木と山路氏は既婚者同士でW不倫状態。さらに、麻木は山路氏に対し公私にわたり金銭的援助を続けた末、1カ月前に破局したことを明かした。

水曜コメンテーターを務めるTBS系「ひるおび!」の生放送後、麻木は約50人の報道陣が待つ会見場に姿を見せた。

不倫騒動は、19日、大桃がツイッターに「元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかった」とつぶやいたことから勃発。麻木は「山路さんとお付き合いしておりました。ただ、つい先日、別れを迎えることになりました。1カ月たつかたたないか、ごく最近です」と切り出した。

麻木によると、山路氏とは十数年前に仕事を通して知り合い、麻木が元夫の作曲家、松本晃彦氏(47)と離婚した06年3月の直前に交際を開始。山路氏と大桃は09年11月に離婚が発覚したが、麻木は「2006年6月に離婚したと聞いている」と説明。とはいえ、一時はW不倫状態にあり、不倫は約3年にわたっていた。

c0144828_18512458.jpg会見で、麻木は「すでに結婚生活が実態として終了し、あとは離婚届を出すだけの状態だと理解していました。私も別居していて、いつ離婚届を出すかという状況。私の認識では(お互い)離婚状態だった」と釈明。だが、交際当時を振り返り「これって不倫になるのかな?と冗談で話してました」ともらし、不適切な関係という認識があったことをうかがわせた。

麻木にとって、山路氏は「心から尊敬するジャーナリスト」であり、「ともに歩んでいける」特別な男性。「いつ
か分からない将来、2人が続いていたらいいね」と語り合ったこともあり、所属事務所や関係者にも交際を報告していた。


山路氏ツイッターでは


c0144828_20535911.jpg


事実、お互いの離婚成立後は再婚に障害がなくなり、「(16歳の)娘がハタチになるまでは誰とも同居しない」と4年後を見据えていたが、その途中で破局を迎えた。

 「精神的、肉体的、金銭的に疲れてしまった。お互いに大人ですから、ナアナアではすませられなかった」。文字通り、コメンテーターらしくスラスラと発言してきた麻木だったが、別れの理由を問われると、目に涙をため、唇をかみしめた。

麻木は仕事の資金繰りに苦しむ山路氏のため、同氏の住むマンションの家賃、車の購入代金などを支払っていたという。詳細は語らなかったが、金銭問題が要因だったことも明らかになった。

 「不倫」という言葉をさけながらも交際を認め、さらに元夫の金銭問題まで口にした麻木に対し、大桃はこの日深夜、ツイッターを更新し“会見”の開催を予告。女のバトルは新展開を迎えた。








もう このツーショットは見られないかも
c0144828_18564241.jpg


2人の知的美熟女を“翻弄”した山路徹とは、一体どんな人物なのか。山路氏は番組制作会社のディレクターを経て30代前半でAPF通信社を設立。制作会社に在職中は大型報道番組の制作に携わり、いまもAPF通信の会合時などに、当時の体験談を披露している。山路氏を知る関係者は、その人となりについて次のように言う。

 「硬派のジャーナリズム論を熱く語るのが好きな人ですが、口調は穏やかで、議論になっても相手の話をじっくり聞く。それでいて最後には場を仕切る才能の持ち主です。男女を問わずマメに気を使うタイプで、周囲にはさまざまな職業の人が集まっています」

ソフトな物腰の一方で、熱情的な部分も持ち合わせている。趣味はクルマで大型の四駆など2台を所有。カーレースも好きで、A級ライセンスも持っている。ただ、お金については鷹揚なところがあるようで、「質の高い報道をすれば、お金(=経費)は後でまかなえる」と常々語っていたという。

麻木との結婚は、親しい人たちの間では“公然の秘密”だったようだ。しかし、山路氏が私生活を語ることはほとんどないため、話題になることはなかった。先月、山路氏がミャンマーで拘束された際、「本名・松本徹」と報道されたことについても、詳しい事情を知る者は少なかったという。そうした謎めいた経歴も山路氏のカリスマ性を高めていたようだ。

c0144828_553295.jpg


今年、大ブレークした戦場カメラマンの渡部陽一とは古くからの知り合い。意外なところでは、新党大地代表で今月6日に収監された鈴木宗男前衆院議員(62)とも親しい。ちなみに、その鈴木氏を山路氏とともに支援している弘中惇一郎弁護士とは今回、麻木との“金銭問題”をめぐって相対することになりそうだ。

山路氏は24日、代表を務めるAPF通信社社員を通して「大桃さんと話した上で会見をしたい」と意向を示していた。さらにこの日は、麻木が所属事務所のファクスを通じて、山路氏と婚姻関係にあった事実を明らかにし、麻木と結婚し、約1カ月前に離婚したことも発覚した。

2人の知的美女タレントと結婚、離婚をした「モテ男」山路氏の発言が注目される。

by a19750601 | 2010-12-24 12:30 |

別れても好きな人」のシルビアさん死去

c0144828_7121166.jpg



「別れても好きな人」などのヒット曲で知られる元ロス・インディオス&シルビアの

歌手・シルビア(本名松田理恵子=まつだ・りえこ)さんが、

28日午後、都内の病院で亡くなった。

大阪府出身。52歳だった。

昨年から、肺がんを患いながらも隠して仕事を続けていた。昨年、

体調を崩して検査を受けたところ肺がんと診断され、

転移も見られて手術が困難な状態に陥っていたという。

仕事を続けながら闘病。前夫との間の長男がぴったりと付き添い、

その看護ぶりは医療スタッフも感心するほどだったというが、

急変し帰らぬ人となってしまった。

シルビアさんは、1979年ロス・インディオスの初代女性ボーカリストとして加入。

背が高い上品なルックスと、滑らかな歌声が特徴だった。

その年リリースされた「別れても好きな人」はミリオン・セらーの大ヒットとなった。

さらに菅原洋一とデュエットした「アマン」も名曲で、

2曲ともカラオケのデュエット・ソングの定番として愛唱された。

 “ロスイン”には3年余在籍し、1983年に独立。

以後はソロ・ボーカリストとして活動を続けた。

c0144828_7131536.jpg



2007年には徳間ジャパンから「東京の男が好きなんか」を発売。

今年1月から止まっているブログでは ⇒ http://silviatalk.exblog.jp/

「ご当地ソングを作ろう!」という音楽活動に取り組むとつづり、意欲を見せていたが、

体調を崩し闘病を続けていた。

大阪出身で、二十歳前後はバレーボールの実業団選手としても活躍したが、

歌手・佐川満男、作曲家・中村泰士氏らの師事していたところを

先ごろ亡くなった小沢音楽事務所・小沢惇社長にスカウトされ“ロスイン”入りした。

私生活では、海釣りが趣味で、音楽業界の技術者と

一時は結婚生活を送り、一児をもうけたが離婚している。

亡くなった俳優・森繁久弥さんが珍しくお気に入りの歌手で、デュエットしたこともあった。

by a19750601 | 2010-11-29 05:19 |