人気ブログランキング |

カテゴリ:楽( 47 )

 酒井法子 ムコ殿2003 へキャスティング

2003年4月17日 木曜日 午後10時から CX でスタート

c0144828_921710.jpg


2001年4月に全国の女性の心をとらえた、あの桜庭裕一郎が帰って来ます!

表向きはクールでハンサムな大スター、『抱かれたい男No.1』。

でも実態はダサくて熱くて涙もろい超人情男の裕ちゃん。

大ヒット曲 『ひとりぼっちのハブラシ』 に続く

待望の新曲 『お前やないと あかんねん』 をひっさげての再登場!

しかも今度は、なんと姉さん女房にべた惚れし、大家族に婿入りしてしまうのです!


c0144828_9253595.jpg


さあ、今度の家族は一体全体どんなキャラクター? どんな問題を抱えているの??

どんな熱くて泣ける裕ちゃん節を炸裂させてくれるのでしょう???

今回はさらに、連ドラの常識を打ち破る数々の展開が!!

まずは4月30日に桜庭裕一郎のライブを決行!! つんく♂さんもゲスト出演!

また、劇中で桜庭のファンが愛用している桜庭のオリジナルロゴグッズを期間限定販売!!

さらになんと、第5・8話は生放送!!

c0144828_9222849.jpg桜庭裕一郎 : 長瀬智也 

石原南 : 酒井法子 

石原西絵 : 篠原涼子 

相川ヒカリ : 星野真里 

石原北絵 : 三浦理恵子 

石原あきら : 末永遥

石原守 : 黒沢年雄

小峰卓郎 : つんく♂

山本修 : おかやまはじめ

川瀬里美 : 小野真弓  

遠藤弘一 : 平賀雅臣 

河村一 : 与座嘉秋(ホーム・チーム) 

寺田悟 : 鈴木リョウジ

相馬龍二 : 上地雄輔 

筋山通子 : 松下由樹

石原東子 : 岸本加世子

c0144828_9274555.jpg

石原 南役・・・酒井法子 
石原家の次女として、私はお茶の間というか家族のどたばたシーンがとても大好きです。子供の頃からそういったドラマが好きだったので、こういった楽しいドラマに入れていただいて、本当に楽しく毎日撮影させていただいています。

そして、みんなの憧れの的、裕ちゃんの奥さんになる6つも年上の姉さん女房なんですが、長瀬さんの器用さというか、言うと何でもやってくれるというか、ほんとにすごいなって感心しながらご一緒させていただいてます。

温かくて優しくて心がほんわりするようなドラマになれば良いなと思っております。

2003年3月25日

by a19750601 | 2003-03-26 16:15 |

NHK 連続ドラマ 女将になります 酒井法子 主演

e0193221_14284715.jpg

e0193221_14131189.jpg

e0193221_14162956.jpg


どんな事にも満足できない元OLが「旅館の女将」を目指し修行中!?

長所は「体力」、短所は「お節介」!

 「こんなに会社に尽くしたのに…」 不本意な配置転換に憤りを感じた主人公・吉野奈津子 (28・酒井法子)は 「女将になりませんか?」 の広告に飛びつく。持ち前の世話好きが幸いして?どうにか入塾できた奈津子を待ち受けていたものは、睡眠3時間、客のわがまま、料理を覚え、布団を敷くなど…。

日々、落伍者が出る中、最後に栄光をつかむのは誰なのか?

また奈津子は過酷な修業を通して、本当の自分に出会えるのか?

e0193221_14201145.jpg


そんな満身創痍の奈津子の傷を治す謎の植木職人・水野(実は元経営コンサルタント)。

ケンカもするが旅館を一番に考えている硬派の板前・吉沢(実は奈津子のことも?)。

頑固一徹な大女将・ヒサ(敵か味方か?)。

そして、反発もするがいつの間にか奈津子の目標となる女将=塾長・富佐子。そんな人たちにもまれ、助けられながら、負けず嫌いの世話好きで体力だけが取り得の奈津子は、次第に女将としての頭角を現していく。


e0193221_14205730.jpg吉野奈津子…酒井法子

性格は明るく前向き。負けず嫌いでお節介。体力に自信あり。

人に喜ばれる事が好きで頭より体が反応するタイプ。あと先考えなく行動してしまうことが多々ある。短大卒業後、8年勤めた会社を辞め「旅館の女将」を目指す。

理由は、自ら立ち上げ進めたプロジェクトを達成半ばにして外されたことと結婚を考えていた恋人の社内での二股交際が発覚し別れを決意したため。

「本当の自分はここにはいない」そんなことを考えていた時、「女将になりませんか!」 の広告を見て

女将塾に入ることを決意する。

最初は戸惑いの連続だったが、持ち前の負けん気で次第に頭角を現していく。

by a19750601 | 2003-03-14 12:07 |

2002年は今日だけの更新か、、、

2002年いろいろあったね。良いお年を。。

2002年1月
・ ユーロ圏12ヶ国で欧州単一通貨「ユーロ」が流通開始(1日)
・ 雪印食品が輸入牛肉を国産牛用の箱に詰め替え、業界団体に1460万円で買い取らせていた詐欺容疑で一斉捜査を受ける(23日)
・ 東京都東村山市で14歳の中学生ら3人が55歳の男性に集団暴行を加え殺害(25日)

2002年2月
・ 東京都世田谷区で15歳の中学生が50歳代の男性を刺殺(5日)
・ ソルトレークシティー冬季五輪で日本は金0・銀1・銅1のメダルを獲得(8日~)
・ 2001年4月に東京都三軒茶屋駅構内で銀行員が少年2人に殴り殺された事件の裁判で、東京地裁・山室恵裁判長がさだまさしの「償い」を引用して少年の言葉から反省が伺えない理由を語った。法廷の裁判長の説諭でポップスの歌詞が引用されるのは裁判史上初の出来事だった(19日)
三軒茶屋駅暴行致死事件
・ 自衛隊が東ティモールに派遣

2002年3月
・ 青森県の武富士弘前支店が放火され5人が焼死した事件でタクシー運転手・小林光弘容疑者が逮捕される。2007年3月に死刑判決(4日)

2002年4月
・ GLAY のTERU がPUFFY の大貫亜美と入籍(30日)
・ 雪印食品が解散(30日)

2002年5月
・ 北朝鮮からの亡命者5人が日本領事館に駆け込み失敗(8日)
・ 落語家・柳家小さんが心不全のため死去(16日)
・ 日本・韓国共同開催のサッカーW杯で日本はベスト16、韓国はベスト4の成績、優勝国はブラジル(31日~)

2002年6月
・ 女優・中山美穂が作家・辻仁成と結婚(5日)
・ TBSテレビ「ウルトラマンコスモス」に出演中の俳優・杉浦太陽が傷害と恐喝の容疑で逮捕され、放送が別のウルトラマンに差し替えられるが、のちに冤罪と発覚し、番組再開(15日)
・ 鈴木宗男 衆議院議員があっせん収賄容疑で逮捕(19日)

2002年7月
・ 台風6号の被害、犠牲者7人(11日)
・ 歌手・安室奈美恵がtrf のSAM こと丸山正温と離婚(18日)

2002年8月
・ 住民基本台帳ネットワークが稼動(5日)
・ インターネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」で仔猫の虐殺を中継したとされる男が動物愛護法違反容疑で逮捕(7日)
・ 岩手県前沢市で家族全員を殺害する計画を企て、祖父母に重軽傷を負わせた15歳の高校生とその友人3人が逮捕される(18日)

2002年9月
・ 栃木県宇都宮市で16歳の高校生が祖母をビニールひもで絞殺(8日)
・ 歌手・宇多田ヒカルが写真家・紀里谷和明と結婚(9日)
・ 北朝鮮の金正日総書記が小泉首相との会談で日本人拉致事件を認め謝罪(17日)

2002年10月
・ アメリカ・メジャーリーグでサンフランシスコ・ジャイアンツのバリー・ボンズ選手が73号の本塁打を放ち、シーズン最多本塁打記録を更新(7日)
・ 島津製作所・田中耕一所員がノーベル化学賞、東京大学・小柴昌俊名誉教授がノーベル物理学賞を受賞(8日)
・ 沖縄県東風平町で14歳の中学生が18歳の兄を刺殺(18日)
・ チェチェン共和国の武装勢力がモスクワの劇場を占拠、特殊部隊が突入し犯人40人を射殺、人質129人が死亡(25日)
・ インドネシア・バリ島のディスコで爆発テロ、新婚旅行で訪れた日本人夫婦2人を含む190人が死亡(12日)
・ 日本人拉致被害者5人が北朝鮮から24年ぶりに帰国(15日)

2002年11月
・ 東京都港区のカナダ大使館でスカッシュの練習中に倒れた高円宮憲仁さまが重度の不整脈から成る寝室細動のため死去(21日)

2002年12月
・ 株式会社ケイ・ワンの社長で正道会館の館長・石井和義が所得税法違反の容疑で逮捕(12日)
・ プロ野球・福岡ダイエーホークスの王貞治監督の妻の遺骨が盗難される(25日)

by a19750601 | 2002-12-30 22:50 |

新聞によると

今朝の新聞によると、映画ハリー・ポッターでホグワーツ魔法学校のダンプルドア校長が亡くなったそうである。というのは正しくない。厳密に言えば、亡くなったのは校長役の俳優、リチャード・ハリス氏である。折しも、この23日にハリポタシリーズ第4巻「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の日本語版が発売されたばかり。暮れには彼の最後の出演となった「秘密の部屋」も公開される。物語の中でのダンブルドアの存在感は大きく、4巻以後、ダンブルドアが出てこないではどうするの?(そんなはずはないのだが)と、錯覚してしまったのは私だけではないと思いたい。

3巻までは、翻訳本よりも先読みしてやる!という無謀な計画を抱いて英語版を買っては、ことごとく最後まで読めなくて敗退していたが、さすがに4巻目は、英語版の厚さに怖れおののいて、買おうとすらしなかった。近所の小学3年生の男の子が大のハリポタファンで、持っているだけでいいと言うので買ったという彼の「炎のゴブレット・英語版」を、夏休みの頃、夕涼みがてらに庭で、辞書を使いながら一緒に何度か読んだ。意味を掴むのと、内容を日本語の分かりやすい文章に変換するのは全く別物で、なんとなく文意はわかっても、それを小学生の彼に説明することの難しいこと! 四苦八苦して最初の導入部を読んだだけで終わってしまった。日本語訳を読み始めると、あんなに苦労して読んだ部分は、たった10ページである……。

そんなわけで母国語の日本語では、あんなに長い物語もアッと言う間に読み終わってしまった。母国語で読めるというのは有り難いことである。ただやはり、物語というものは、作者の文章にじかに触れてこそのものかも知れないという気もする。細々とした言葉のニュアンスや、フランス語らしい「h」音を発音しない訛り?の訳に、翻訳者の苦労を偲びながらも、原文はどういう表現なんだろう?と思ったりする。こんなふうに興味を持つと、ああやっぱり、英語をもっと勉強しておくべきだったと痛感するのだが、それが意欲へのバネにならないとは困ったものである。

by a19750601 | 2002-10-21 10:20 |

浜崎あゆみ、酒井法子 日中国交正常化30周年記念ライブ

日中国交正常化30周年記念コンサート
c0144828_111847.jpg

c0144828_1184237.jpg

c0144828_11112311.jpgc0144828_11115118.jpg

北京工人体育場で

22日夜、日中国交正常化30周年記念コンサート

「中日携手・世紀同行」

が開催された。

c0144828_11103466.jpg

これまでで規模、レベルともに最高の中日両国の歌手によるコンサートとなった。

浜崎あゆみ、谷村新司、酒井法子、Gacktら日本の歌手と、

ココ・リー、譚詠麟(アラム・タム)、孫楠、零点楽隊、毛寧ら中国の歌手が熱唱し、

北京の若者が立ち上がって歓声をあげた。
c0144828_11154082.jpg

c0144828_11163041.jpg

写真は、浜崎あゆみ 酒井法子、谷村新司。

by a19750601 | 2002-09-22 23:53 |

映画の感想を書いていたのだが

午前中に映画の感想を書いていたのだが、『ロバート・イーズ』のところでいきなり引っかかった。トランスジェンダーとか性同一性障害というものが、僕にはいまひとつよくわからない。身の回りにゲイの人はいても、トランスジェンダーの人はいないしなぁ……。

いや、実際にはいるのかもしれないけど、そうだとカミングアウトされたこともないし。(もちろんそんなことはプライバシーなんだから、カミングアウトする必要なんてぜんぜんないんだけど。)ジェンダー関係では、最近さかんに「ジェンダーフリー」ということが言われるのだけれど、これは相当に怪しく、しかも危険な思想だと思う。特に性同一性障害で悩んでいる人にはいい迷惑だ。

性同一性障害の人たちは、自分の生まれ持った性別とは別に「男になりたい」「女になりたい」と思うわけです。つまりジェンダーにとらわれない「ジェンダーフリー」とはまったく逆で、かたくなにジェンダーにとらわれた生き方を求める。彼らや彼女たちは個人に固有の「私らしく生きる」ことより、まず「男らしい男になりたい」「女らしい女になりたい」と願うからこそ、高額の手術費用まで支払って性転換手術を受けたりもする。

ジェンダーフリーなんてものは、ボーヴォワールの言葉に感化されたフェミニストが「そうか、私は女に生まれたんじゃなくて女になったのだ!」と開眼してしまったことから生まれた幻想だと思う。

男と女は生まれながらに男であり女なのです。それを逆説的に証明してしまっているのが、性同一性障害の人々だと思う。

午後はアミューズピクチャーズ試写室で三原光尋監督の新作『ドッジGO!GO!』を観る。これはすごくいい映画だった。小学生たちの表情がじつにいい。特に主演の田島有魅香と、韓国から参加した子供たちが最高。この子供たちだけで、100点満点で70点ぐらいはあげられる映画だったなぁ。

2本目はソニーで『スチュアート・リトル2』。これは1作目よりずっといい。今回は2羽の鳥が重要な役回りで登場するのだが、このアニメーションは素晴らしかった。表情や仕草などをたっぷりと擬人化しながら、それでもリアルな鳥の動作をきちんと残してある。スチュアートのガールフレンドになる小鳥の声を、メラニー・グリフィスが演じている。

築地から歩いてメディアボックス試写室へ。途中でパンを買って、歩く道々食べる。本日ラストはイラン映画『チャドルと生きる』。イランで虐げられている女性の姿を、複数の女性たちのエピソードをリレー風につないでいく映画。1本の映画だけれど、オムニバス風の構成になっている。イランでは女たちが全員牢獄に囚われていると訴える、この映画のメッセージは明快。しかし1日の終りに、この映画はちときつかった。先に観た2本は元気が出る明るい映画だったのに、この1本でドーンと暗くなってしまった。

帰宅したら郵便受けにamazonからの荷物が入っていた。中身はエマニュエル・カレールの「嘘をついた男」だ。先日フランス映画祭横浜で観た『見えない嘘』の原作。面白そうな本だけれど、これを読むのはしばらく後回しになりそうだ。まずは「少女たちの魔女狩り」を読んでしまわなければ……。

映画『クルーシブル』の主人公になったジョン・プロクターと妻が逮捕され、下女のメアリ・ウォレンが証言をするくだりを読んだ。映画ではメアリが彼女自身の野心からジョンの妻を陥れるような話になっていたが、この本の著者はメアリにかなり同情的。どちらが正しいのか、それはもはや誰にもわからない。

『クルーシブル』の原作「るつぼ」は、近くの図書館にあることがわかったので、「少女たちの魔女狩り」を読み終わったあとはまずそれを読んで、そのあとが「嘘をついた男」かな。

by a19750601 | 2002-07-22 23:13 |

21世紀

今日から


21世紀なんだよ。

by a19750601 | 2001-01-01 00:00 |